ネコのしつけの基本のきを教えて!

ネコの中でも特に子猫の学習方法は、基本的には人間と同じであるといえます。

その行動した直後に、おやつをもらえたり褒められたり、自分にとって良いことがあった場合には、その行動を積極的に行うようになるでしょう。

ネコのしつけはトイレからが基本

ネコのしつけの基本となるものは、まずはトイレでしょう。しかし子猫のトイレのしつけは、犬のようにしっかりと教え込まなくても、環境さえ整えておけば自分でできるようになることがほとんどです。

その環境とは、ネコの排泄の習性に従うことにあります。

ネコの習性としては、ある程度広い場所に土を掘って排泄を行います。排泄した後にはその場所に土をかけて埋める習性もあります。

ネコのトイレに良い環境としては、ある程度の大きさがある箱に、猫用の砂など、掘って埋められるようなものを入れ、子猫が普段生活する場所にそれを置いておけばいいのです。

もしもトイレの場所の近くに観葉植物などの土がおかれていると、そちらをトイレと間違えてしまう可能性もあるので、間違えやすいものはおかないようにしましょう。

このようにすることで、子猫はその場所でしか排泄することができなくなり、うまくトイレのしつけをすることができるでしょう。

間違った方法として、トイレに子猫のにおいをつけようとすることがありますが、これは逆効果になります。

また、人間用の洗剤でトイレを洗ってしまうと、ネコにとってはにおいがきつすぎるので、使わないようにしましょう。

子猫をしつける時は怒ることと褒めることを使い分ける

子猫はまだなにをしてはいけないかが判断できません。飼い主がやってほしくないことをして叱られると、怖いという気持ちが植え付けられてしまいます。

そのため、最初はしてほしくないことをさせない工夫が必要になります。

いたずらされそうなものはしまっておき、反対に遊んでよいところには、楽しそうなおもちゃやおやつをおいておくとよいでしょう。

褒められた行動はしっかりと覚えているものなので、良い行動をしたときにはうんと褒め、褒められたことを習慣づけるようにしましょう。